超危険パズルゲーム「スバラシティ」

「スバラシティ」は危険

スバラシティというスマホ向けのパズルゲームがあります。

play.google.com

何年か前に公開されたアプリで、当時はまってプレイしていました。。

先日もつい起動してしまい、数日ぶっ続けでプレイすることに。

正直、危険すぎるアプリです。

「スバラシティ」はシンプル

f:id:tek_koc:20170116082729p:plain

画像は製作者さんのブログより。

街作りをモチーフにしたパズルゲームです。

同一色の建物が連なっている所をタップすると一つに合体し、空いたスペースに新しいタイルが供給される。

より大きな建物にすると白いビルになり、白いビルを合体させるとその数に応じて城や東京タワー、バベルの塔などの金ブロックの建物になる。

一定回数だけ邪魔なブロックを壊せることを活用し、動かせなくなるまで続けて、より賑やかな街を作ることを目的に進めます。

「スバラシティ」は奥が深い

  • 市長マークを使うとブロックを消せる。
  • 金ブロックを作るとボーナスで市長マークがもらえる。
  • 金ブロック自体も市長マークで消せる。

始めはちょっとした金ブロックをいくつか作るだけで詰まるゲームと感じるが、注意深くブロックを消していくことで市長マークボーナスを安定して得られるようになる。

十分なボーナスを得た状態で金ブロックを消せば、市長マークの数を最大99人まで増やすことが出来る。

市長マークの数が十分あれば、25マス中24マスを白いブロックにしてから金ブロックを作ることも出来る。

このメカニズムに気付くと、このゲームは化けます。

「スバラシティ」はハノイの塔か?

f:id:tek_koc:20170116082937g:plain

画像はwikipediaより。

スバラシティをプレイしていると、ハノイの塔を思い浮かべます。

再帰処理でお馴染のこのパズルはタワーの枚数が増えるほど、気が遠くなるような手順を経て塔を動かすことになる。

市長を増やし、巨大な塔を作り、また壊し、より巨大にしていく作業は、一歩引くと実にハノイの塔っぽい。

それでいて、途中の手番も油断は出来ない。慣れれば安定するということは、油断すると失敗するということです。

Threesとか2048とかが好きだった人は絶対に手を出したらいけないパズルゲームです。

先日のプレイ結果

先日のプレイ結果。 4つ限界まで高い塔を建てたあと、市長を増やすフェーズで失敗してしまい、実に半端に終わってしまいました。

macでMovieDesktopっぽいことをする

Wallpaper Engine流行ってますね。 壁紙を動画にするやつです。

store.steampowered.com

macOSは非対応ですが、似たようなことは簡単に出来るみたいです。

MovieDesktop

MovieDesktop

MovieDesktop

  • Daniele Murabito
  • エンターテインメント
  • ¥120
itunes.apple.com

GIFPapper

i-bitzedge.com

VLC media player

VideoLAN - Official page for VLC media player, the Open Source video framework!

設定で壁紙として再生することが可能だそうです。

f:id:tek_koc:20170112082531p:plain

設定項目は見つけたものの、うまく動かず断念。

MovieDesktopの真価

Steamワークショップに動く壁紙が投稿されるのが大きいですね。

Steam Community :: Wallpaper Engine

あと、Unityが動くので、見た目が格好いいだけじゃない便利な壁紙も増えるかもですね。 これは未来を感じるかも。誰かクッキークリッカーみたいなの作って世の中の生産性を下げてみないですかね。

自分の結論

  • Amethystを使ってるのでそもそも壁紙が表示されない
  • iTermを透過して、裏で動画流すのはたまにやっています
  • 合法的な壁紙用動画としてはnetflixにある暖炉動画がおすすめです

ボトルコーヒーを牛乳で割る。それだけ。

ここ一年ほど、ある飲み物にはまり、ずっと飲み続けている。

無糖のアイスコーヒーと牛乳を 7:3 で割る。それだけ。

家で作業をする時、いつもこれを飲んでます。

まずは、真空断熱タンブラーを用意する。 そこに買いだめしてあったアイスコーヒーを目分量で入れる。 あとは牛乳を注いで、混ぜることなくそのまま部屋に持っていき、ちびちび飲む。

ただそれだけ。

あえてメリットを書き出すと

  • 値段が安い
  • 作るのが簡単
  • それなりに美味しい
  • 甘いペットボトルのカフェオレを止めることが出来た
  • ボトルコーヒーそのものの味があまり気にならないので、種類を選ばない
  • 冷えたコーヒーを量用意してちょびちょび飲み続けられる

とかですかね。 つまり「うまい、やすい、はやい」です。

物凄く単純なんだけど「あー、こういうので良いんだよ」という感じで、まさに今も飲んでます。

サーモス 真空断熱タンブラー 420ml ステンレス JDE-420

サーモス 真空断熱タンブラー 420ml ステンレス JDE-420

ボドゲ買ってきた。

正月はずっとコタツの中で住んでましたが、ボドゲだけは買ってきました。

海底探索

海底探険

海底探険

海底にある宝を取りに潜り、溺れないように帰ってくるゲーム。 箱が小さいわりに、中々並べてて楽しいコンポーネントでいい。

僕は極端な人間なので、宝を全然持ち帰らないか、戻りそこねて溺れるかばかりでまったく勝てませんでした。

メディチ

メディチ

メディチ

有名な競りゲーム。 ほぼ商品の値段を決めるだけで、かつそれが物凄く悩ましい。 ついつい理想的な結果になるよう無茶してしまうが、そこそこの結果を、それなりのお金で達成したほうが強いわけで、大変難しい。

宝石の煌き

宝石の煌き 日本語版

宝石の煌き 日本語版

宝石を集め、その宝石で施設を購入し、建設ボーナスで増えた宝石でより高い施設を建てる……。 仕組みだけで言えば目新しさのない退屈そうなゲームですが、これでいてかなり面白い。

宝石の総枚数、カードの奪い合い、ボーナスと点数の関係、色々な要素が絡み合い、とてもとても考えさせられる。 ほぼ全てが公開情報のため1ターン1ターンほんと唸るように考えることになるし、それでいてルールが簡単で1プレイも短く、色々な展開になるから繰り返し遊んでも楽しくて、準備もしやすく……とかなり良ゲー。

堅苦しさとかを感じてしんどいと思う人もいるんだろうなと思いつつ、僕は大好きですね。

本買ってきた

正月はずっとコタツの中で住んでましたが、本屋にだけは行ってきました。

Team Geek

Team Geek ―Googleのギークたちはいかにしてチームを作るのか

Team Geek ―Googleのギークたちはいかにしてチームを作るのか

仕事のチームメンバーが読んでいたのに影響を受けて購入。 耳が痛い話が多いですが、少なくとも「Team Geek良かったよ」という話を聞いて買ったりするのが成立する程度には仲良く刺激を与え合うことが出来てるのは悪くないなとは思ってます。

ヘルシープログラマー

ヘルシープログラマ ―プログラミングを楽しく続けるための健康Hack

ヘルシープログラマ ―プログラミングを楽しく続けるための健康Hack

ヘルシーになりたい。 最近の目標は、30歳を迎えるまでは生きている、です。

最高の休息法

世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

名前が超絶ダサい。 中身は瞑想の本だそうです。

運動と瞑想しない者の末路はいつも悲惨だ。僕とかね。

この世界の片隅に

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

映画良かった。 家でじっくり読みたいと思ってて、まだ開けていない。

サ道

マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~(1) (モーニング KC)

マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~(1) (モーニング KC)

整いたい。 最近「洲崎西」というラジオ番組で洲崎綾さんが水風呂で絶頂してる話をしてますが、いわゆる「整う」というやつですね多分。